WordCamp Tokyo での制作物が一覧でみられる GitHub Page を公開しました

みなさま、お久しぶりです。Web 制作班班長の羽野めぐみ @featherplain です。
ちょっとした GitHub Page を公開したので、今回はそのお知らせです。

WordCamp Tokyo における制作物

世界中で開催されている WordCamp ですが、その裏側ではボランティアスタッフが半年以上も前から当日に向けて準備をしています。

準備の中にはみなさんが目にしている Web サイト制作やパンフレットなどの各種印刷物の作成、グッズの企画制作も含まれています。これらの制作物のデータは全て WordPress と同じ GPLv2 またはそれ以降のバージョンが適用され、WordCamp Tokyo ではデータを GitHub 上に公開しています。

URL: https://github.com/wct2016

こうやってデータを公開しているのは、今後のスタッフの方に参考にしていただいたり、自由にデータを活用してもらって WordCamp Tokyo の準備に役立てればという理由です。もちろん、他の地域の WordCamp でも!

もっと多くの人と共有しやすく

様々なデータをより多くの人と共有できるように、こんな GitHub Page を作ってみました。

URL: https://wct2016.github.io/design-archives/

こちらは2016年版ですが、2015年版も同時制作しました。(本当はイベント開催後に作るつもりが、気づいたら1年経っていたというのは内緒です)

URL: https://wct2015.github.io/design-archives/

両者ともデザインと実装は羽野が担当しました。いろいろ好きにやらせてもらいました。

本家の WordCamp Tokyo サイトとは一味ちがったデザインに仕上げており、各年のテーマカラーに合わせて配色とわぷーを変えているので違った印象が楽しめるのもポイントです。

2016年版はやさしくて暖かい、かわいらしいイメージに。2016年版はクールでスタイリッシュなイメージですね。

2014年版もあります

実は2014年版もあります。

この GitHub Organization は、 WordCamp Kansai 2014 に触発された、 WordCamp Tokyo 2014 印刷班班長 嵩本 康志さん が、WordCamp Tokyo 2014 のために制作されたさまざまなデータを、共有するために作りました。その後 森山 真祐子さん が、ぜひたくさんの人に見てもらいたいと思ったので、リポジトリの内容を一覧表示させる GitHub Page を作りました。

WordCampTokyo2014.github.io

その後当時の制作班班長の宮崎優太郎さんがリニューアルを担当しています。

URL: http://wordcamptokyo2014.github.io/

もともとは WordCamp Kansai 2014が先行して GitHub 上にデータを公開していて、それに触発された東京のスタッフが「ぜひ東京でも!」ということでデータを公開して GitHub Page を作り、今に至ります。

ライセンス

記事の冒頭で案内したとおり、WordCamp Tokyo で制作したデータには全て WordPress のライセンスと同じ GPLv2 またはそれ以降のバージョンが適用されます。

ライセンスについては下記を参考にしてください。

というわけで、過去の WordCamp Tokyo の制作物が何らかの形でみなさんのお役に立てれば幸いです。

WordCamp Tokyo での制作物が一覧でみられる GitHub Page を公開しました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WordCamp Tokyoの関連Githubページ、JAWS Festa 東海道 2016 | megane.in

コメントは停止中です。